Dot Me

アナミダイリュウポータルサイト

 短期間でちょうどいい自分に変わる方法

 

 - Blog

人間、長く生きてくると習慣や自分のキャラみたいなものってなかなか変えられないですよね。

さて今日は、

僕自身も全然出来てるとは言えない

短期間でちょうどいい自分に変わる方法について。

自分に言い聞かせながら偉そうに講釈をば。

 

数当てゲームから学ぶ

さて、突然ですが

こんなゲームをやってみたことあります?

・今から僕が0~99の間の数字の中からひとつ、頭の中で思い浮かべるので当ててみてください。
僕はヒントとして皆さんの答えた数字より「上」か「下」かだけを言うのでなるべく少ない回数で当ててくださいね!

ってやつ。

みなさんならどんな作戦たてます?

0…1…2…

としらみつぶしにひとつずつ埋めていくのもひとつの手ですが、僕ならなるべく早く答えにたどり着きたいので

50?

「上」

75?

「下」

63?

「上」

みたいな感じで振り幅を大きくして正解を目指します。

もちろん少しずつ数字を積み上げても早く当たる時もあるでしょうけど、この方法のほうが平均的に少ない回数で当てられそうですよね?

突然ゲームの話をされて、は?って感じだと思いますが、これ日常でも使えるんです。

 

日常に活かしてみる

タイトルと上のゲームの話で勘のいい方にはバレバレかと思いますが、このゲームの必勝法?を日常に応用するとなりたい自分に早く近づけます。

つまり、変化の振り幅を大きくしながら「ちょうどいい」を探すんです。

「もう少し大きな声で話しなさい」

「これくらいですか?」

「もっと大きく!」

「ハイ!!」

「うるさ~い!大き過ぎ!」

「はい」

「いいね!」

みたいな感じといいますか。

しかし自分も含めてやりがちなのは、1ずつ足していくように少しずつ積み上げて正解に近づこうとする方法。

考えれば非効率なのになんでそうしちゃうんだろ?

自分の場合はたぶんチキンなんでしょうね。

「うるさーい!大き過ぎ!」

とか怒られるのが怖い^^;

上の例に数字をつけると

「もう少し大きな声で話しなさい」

「これくらいですか?」(30)

「もっと大きく!」

「ハイ!!」(75)

「うるさ~い!大き過ぎ!」

「はい」(50)

「いいね!」

みたいになると思うんだけど

これを

0…1…2…

とかやってたらたぶん3辺りで怒られる

しかも続けて

4…5…6…

とかやってたら怒られ続けるどころか10もいかずにブチ切れられちゃうのは確実(笑)

どうせ失敗するなら振り幅大きくして少ない失敗で「ちょうどいい」にたどり着きたいですよね。

 

やり過ぎくらいがちょうどいい

さてチキンな僕は、正解だと思われる50にしたつもりが1だったわけです。

てことはですよ、逆算すると50倍くらいの振り幅で思い切っていけば一発で当てられる可能性があがるわけです。理屈では。

まあこういうのを屁理屈といったりしますが・・・

あながちバカにできない理屈だなと思っているので、僕と同じチキンハートな方たちは上げたり下げたりの変化の振り幅を自分の感覚の50倍くらいに思いきると短期間でちょうどいいを見つけやすいんじゃないかなと思います。

 

思い切っていけやぁぁぁぁぁ!!!! オレ

 - Blog

  関連記事

リアル脱出ゲーム「魔法の部屋からの脱出」に行ってきた。

お客さんに勧められてリアル脱出ゲームに行ってきた。 全国色んなところでやってるみ …

夏っぽい写真を撮ったよ

正確には “撮ってたよ” …去年。 あはははははは… 諸 …

営業後にメイクをされたわけだが…

仕事が終わり、諸星さんに突然 「はい、メイクするよー♪」 と言われ …ん?新しい …

IBMのAI『Watson』くんに分析してもらった自己紹介。

自己紹介って苦手なのよね。 だって僕みたいな自分大好きカッコつけ人間は自分の良い …

今年のカラーは「マルサラ」だなんて言われてますけども

今年は「マルサラ」がくるぞー! って言われてはや数ヶ月 まだそんなにキテる感じは …

すんごく勉強になったプレゼンスキル動画

いやーこのプレゼンは素晴らしい。 笑い転げたけど、ある意味すごく勉強になった。 …

【感謝】10周年【感謝】

本日、2018年4月9日 VoguΛは10周年を迎えることが出来ました! これは …

小商いの気持ち

自分の会社やクライアントのお金でデカいお金を動かしてる人は、軽い気持ちで 「10 …

ため息は心のオナラ

「ため息は人にストレスを与える」 って聞いてから ため息を聞くとストレスを感じる …

ヘアアレンジの新ワザ発見「バンダナロール」

やっほー♪ 以前、美容の業界誌に 「登山好き美容師」 として堂々1ページも載った …